Welcome to

Rufus Lin Music

ルーファスリンはRufus Lin Productionsに専属している
ジャズレコーディングアーティスト兼クラシック作曲家です

新着情報

・2021年6月8日

🆕   ジャズピアノ演奏シリーズ「スタジオJazzライブ第一弾山本研さん(オルガニスト)と 俵山ナオユキさん(ジャズベーシスト)による演奏ライブ(生配信 7/16 15:00PMより)

・2021年6月3日

🆕   クラシック演奏シリーズ、渋谷ホールにて「キックオフコンサート」コンサートピアニスト瀬川玄さんによるピアノリサイタル(生配信 7/28 12:30PMより)

🆕 Clubhouse音楽の千羽鶴ライブ「With Love from 英国」開催決定!スペシャルゲスト イギリス人プロピアニストMark Deeksさん(6/25  7:30AMより)

イベントカレンダー

読み込み中... 読み込み中...

ルーファスリンの最新ツイートをチェック!

ハプニングが続きます!急に携帯が故障し再起動出来ない状態になった。色々と調べてみて、どうしても復帰できそうもなければ今晩のライブに支障がないように新しいのを買ってきます。皆様に大変ご迷惑をお掛けいたしました。3曲ぐらいしか届けられなかったですね。orz

ライブなう!
Stars fell on Alabama
Down by the riverside
Blue Monk

Carpenters medley

You go to my head
The shadow of your smile
My foolish heart

The closer I get to you
All the way
Easy to love

My favourite things
I cover the waterfront
Misty
Auld Lang Syne
以上

Load More...

Recordings

ルーファスリンのジャズレコーディングアルバム

Starry Eyed And Vaguely Discontented

P.S. I LOVE YOU

THOSE EYES HOW FAMILIAR THEY SEEM

MORE THAN YOU KNOW

Classical Music Scores

ルーファスリン作曲のクラシック曲

Celebration for Yoshifumi Chiyohara

Clubhouseのクラシックピアノクラブ1,000名の会員達成を記念し、クラシックピアノクラブ創設者の一人である千代原先生の為にルーファスリンが作曲を務めた楽曲

Encounter for Eunbin Ko

米国在住のピアニストEunbin Ko氏の為にルーファスリンが作曲を務めたピアノ曲

Good Friday

作曲家ルーファスが両親のために書いた弦楽四重奏の曲

Elegy For My Mother

作曲家ルーファスが亡き母へ捧げる記念曲

Variations on Finlandia (Sibelius) for Shigeki Okawa

Clubhouseのクラシックピアノクラブ創設者の一人である大川先生の為にルーファスリンが作曲を務めたピアノ曲

Au Canada

2015年作曲 カナダの国歌に基づいたピアノオリジナル曲

Ballade for Ryoko Sakamoto

日本人ピアニスト坂本亮子氏の為にルーファスリンが作曲を努めたピアノ曲

YouTubeチャンネルも更新中

Rufus Lin Jazz

ルーファスリンが手掛けるソロジャズピアノの演奏を専門YouTubeチャンネルからご視聴いただけます。ソフトジャズを専門にしたヒーリングピアノミュージックもリンクからご視聴頂けます。

Rufus Lin Classics

作曲家ルーファスリンが手掛けるクラシック楽曲を専門YouTubeチャンネルからご視聴頂けます

 

Rufus Lin (ルーファス リン)

ルーファスリンはバンクーバー在住の親日家カナダ人であり、ジャズレコーディングアーティスト兼クラシック作曲家、 画家、作家、ゲームデザイナー、経営者としてバンクーバーと東京で活動をしています。

歌手として、毎日日本時間の平日朝7:30と土曜日朝8:30、夜は毎日23時からClubhouseで生演奏ライブを行っている他、作曲家としてEDMやヒーリングミュージック、NEWJPOPなどの楽曲の作成も手掛けています。

Rufus Lin Live@Tokyo

ソロはもちろんのこと東京のプロミュージシャンとその都度デュオやトリオを結成し、またスペシャルイベントとしてゲストで他ジャンルのボーカルを招いたり、弦楽四重奏団とのコラボと併せてダンスを取り入れたりと、独創性に富んだステージ演出を行い、見事に成功させています。