ルーファス リン@東京

2019年9月20日 歌詞

JAZZ

  1. Night Train
  2. Autumn Leaves
  3. Fly Me To The Moon
  4. Turn Me On
  5. If I Had You
  6. Smoke Gets In Your Eyes
  7. Summertime
  8. On The Street Where You Live
  9. Libertango

クラシック

  1. Pacific Voyage – Rufus Lin
  2. Good Friday – Rufus Lin
  3. Elegy from “The Stone Chronicle Codex” – Ryuichi Horikoshi

オリジナル電子JPOP

  1. 誰も居ない
  2. 星の励み
  3. 流木
  4. 遠距離の関係
  5. 突然のこと
  6. 君の歌
Autumn Leaves (1945)

G. Canali / F. Magnelli / G. Maroccolo / M. Zamboni / G. L. Ferretti

The falling leaves drift by the window
The autumn leaves of red and gold
I see your lips, the summer kisses
The sun-burned hands I used to hold

Since you went away the days grow long
And soon I’ll hear old winter’s song
But I miss you most of all my darling
When autumn leaves start to fall

Fly Me To The Moon (1954)

B. Howard

Fly me to the moon
And let me play among the stars
Let me see what spring is like
On Jupiter and Mars
In other words, hold my hand
In other words, darling, kiss me

Fill my heart with song
And let me sing forevermore
You are all I long for
All I worship and adore
In other words, please be true
In other words, I love you

Turn Me On (1961)

J. D. Loudermilk

Like a flower waiting to bloom
Like a light bulb in a dark room
I’m just sittin’ here waiting for you
To come on home and turn me on

Like the desert waiting for the rain
Like a school kid waiting for the spring
I’m just sittin’ here waiting for you
To come on home and turn me on

My poor heart, it’s been so dark
Since you’ve been gone
After all, you’re the one who turns me off
But you’re the only one who can turn me back on

My hi-fi is waiting for a new tune
My glass is waiting for some fresh ice cubes
I’m just sittin’ here waiting for you
To come on home and turn me on, turn me on

If I Had You (1928)

G. Mills

I could show the world how to smile
I could be glad all of the while
I could change the grey skies to blue
If I had you

I could leave the old days behind
Leave all my pals, I’d never mind
I could start my whole life a new
If I had you

I could climb the snow capped mountains
Sail the mighty ocean wide
I could cross the burning desert
If I had you by my side
I could be a king, dear, uncrowned
Humble or poor, rich or renowned
There is nothing I couldn’t do
If I had you

Smoke Gets In Your Eyes (1933)

O. Harbach / J. Kern

They asked me how I knew
My true love was true
I of course replied
Something here inside cannot be denied
They said “someday you’ll find all who love are blind”
When your heart’s on fire,
You must realize, smoke gets in your eyes

So I chaffed them and I gaily laughed
To think they could doubt my love
Yet today my love has flown away,
I am without my love

Now laughing friends deride
Tears I cannot hide
So I smile and say
When a lovely flame dies, smoke gets in your eyes

Summertime (1934)

D. B. Heyward / G. Gershwin / I. Gershwin

Summertime, and the livin’ is easy
Fish are jumpin’ and the cotton is high
Oh, your daddy’s rich and your ma is good-lookin’
So hush, little baby, don’t you cry

One of these mornings you’re gonna rise up singing
And you’ll spread your wings and you’ll take to the sky
But till that morning, there ain’t nothin’ can harm you
With daddy and mammy standin’ by

On The Street Where You Live (1956)

A. J. Lerner / F. Loewe

I have often walked down this street before
But the pavement always stayed beneath my feet before
All at once am I several stories high
Knowing I’m on the street where you live

Are there lilac trees in the heart of town?
Can you hear a lark in any other part of town?
Does enchantment pour out of every door?
No, it’s just on the street where you live

And oh, the towering feeling just to know somehow you are near
The overpowering feeling that any moment you may suddenly appear

People stop and stare, they don’t bother me
For there’s nowhere else on earth that I would rather be
Let the time go by, I won’t care if I
Can be here on the street where you live

誰も居ない

君の声が 聞こえなくて
君の寝言も  聞こえない
だいぶ前なのか  昨日なのか
そういうのすら  分からない

君の笑顔が  見えなくて
君の涙も  見えない
目の前から  この部屋から
君が消えて  今は誰も居ない

僕は大丈夫
生き続けているよ
きっとなんとかなる
きっとなんとかなるよ

君の姿が  見えなくて
君の温もりも  なくなった
おかえりなさい  おやすみなさい
言ってくれる  人は誰も居ない

僕は大丈夫
生き続けているよ
きっとなんとかなる
きっとなんとかなるよ

星の励み

ここを離れどこかに行っても
この夢は絶対にブレないね

子供の頃は
蝶を追いかけていた
大人になった今は
夢を追いかけている

宇宙に行けるのなら、宇宙に
金星に行きたい、金星

無理だと言われたくない、言われたくない
遠く高く飛んでゆきたい、飛んでゆきたい
見ると幸せになれる、なれる
星に向かってゆく、向かってゆく

流木

遠くからやっと来た
愛する人に会うために
思いもしなかった
あなたとの出会いを

遠くまで帰るとしても
心は近くにある
ずっとずっとあなたと
一緒に居たいよ

海の上で漂って
今ここに辿り着いた
ようやく道が見えてきたよ
あなたと歩んでいく

遠距離の関係

あの時は 君の惑星に
無事に行けて よかった
それきり 会えなくて
今更だけどすまない

折にふれて寂しくて
あの惑星へ 行きたくなる
ただ行けないとしても
変わらずに 愛しているよ

苦しく切ない 遠距離の関係
宇宙を渡って 君に会いに来た

折にふれて寂しくて
あの惑星へ 行きたくなる
ただ行けないとしても
変わらずに 愛しているよ
苦しく切ない 遠距離の関係
宇宙を渡って 君に会いに来た

突然のこと

携帯に出てくれない
メールでも連絡とれない
心配してるけど あなたは大丈夫かな

完璧な関係だと思ったのに
なんで急にいなくなったの
一体あなたはどこにいるの
あんなに好きだって言ったのに

タンポポを見たら あなたのことを
また思い出して 会いたくなるよ

やっぱり別れという意味だね
うっかり傷つけてしまってごめん
いい勉強になったかもしれない
いろいろとありがとう
ありがとう お元気で

タンポポを見たら あなたのことを
また思い出して なつかしいよ
なつかしいよ
なつかしいよ

君の歌

どこへ行けばいいのか
何をすればいいのか
昨日家を出た時に
ここに来たかった

なんで泣いているのか
いつ帰るのかわからない
今日、君の顔を見に来た
どうしても会いたかった

今更こんなこと考えても
しょうがない
しょうがないだろう

誰か笛を吹いている
誰か鼻歌、歌っている
思い出した
君も歌った
君も歌ったんだよ

Rufus Lin is a music producer, jazz singer/pianist and songwriter active in Vancouver and Tokyo.